健康的な体を維持するには|自覚することが難しいいびきの改善方法|改善アイテムを利用してみる

自覚することが難しいいびきの改善方法|改善アイテムを利用してみる

ウーマン

健康的な体を維持するには

レディー

ストレスによる減少

女性ホルモンはストレスの影響を受けると言われています。女性ホルモンは視床下部と呼ばれる部分から分泌されていますが、その部分がストレスの影響を受けやすいからです。では、女性ホルモンが減ってしまうと体にどのような影響が出るでしょうか。女性ホルモンが減ると肌に潤いをためておくのに必要なコラーゲンが減ります。コラーゲンが減ることで肌の潤いがなくなり、乾燥しやすい肌になります。また、髪の毛が薄くなったり、骨粗しょう症のリスクも高くなります。しかし、ストレスによって減った女性ホルモンは、日常生活を見直すことで増やすことができます。ストレスを解消するのが難しいという人は、寝る前にお風呂に入る習慣をつけましょう。体を温めてリラックスすると睡眠の質もあがり女性ホルモンも増えるようになります。

たんぱく質が効果的

女性ホルモンを増やすためには食生活にも気をつける必要があります。特にたんぱく質は女性ホルモンを増やすためには欠かせません。しかし、たんぱく質は体を構成するために必要不可欠な存在なため、摂取しても日常生活の中でどんどん減っていきます。一日に必要なたんぱく質の量は女性で約50グラムと言われています。たんぱく質が多いと言われている魚、肉、豆腐などは積極的に摂るようにしましょう。特に豆腐や大豆などの豆類は女性ホルモンに似た働きをするイソフラボンが多く含まれています。納豆にはオリーブオイルを少し入れてあげるだけで、女性ホルモンを増やすだけではなく美容効果も期待できます。豆類が苦手な人は無理に食べようとせずにサプリメントで補うようにしましょう。毎日続けないといけないと思っていると、ストレスがかかってしまい逆効果です。